チルテレゆるく かしこく ジブンらしく

チルテレをフォロー

  • フォロー

落合陽一がエゴサーチをすると…結局!?(クリエイターとコミュニティ 1/4)

  • カルチャー
SENSORS SENSORS2018.07.03

芥川賞作家である平野啓一郎をゲストに迎え、クリエイターとコミュニティについて考える。


まず、落合陽一が口に出したのは、「何をきっかけに物を作り始めるのか」ということ。
これに対し、平野氏は生活実感だそう。「小説の場合は、“生きていることの中に感じていること”が出発点でないと難しい」と語る。


一方、齋藤精一は、「物を作っていると、どんどん新しい情報が入ってきて、作る作品が変わってくる」と興味の変化について問う。
平野氏は「取材していく過程」、落合は「現場」と、それぞれ自身の体験談を語り、考えていたアイデアと異なることもあるのだとか。

 

さらに、落合がSNSでエゴサーチしていることを明かす。
世間は、彼に何を求めているのだろうか……?

 

ノーカット版はこちら

https://youtu.be/wYdP-ajyzMk

シェアする!

SENSORS

SENSORS

SENSORS(センサーズ)は、最先端のクリエイティブ、テクノロジー、ムーブメントを様々な視点で紹介するWebメディアです。

この番組の他の動画

関連動画

PAGE TOP